オトナニキビは、しぶとくさわるといった跡に残る

我々は思春期ににきびは主として出来ませんでした。にきびは無縁なのかと思いきや、20歳を過ぎた内からオトナニキビ、否、ぷつぷつが出来るような肌質になってしまいました。原因として窺えるのは、食べ物の一変です。ハイスクール卒業までは、親元で両親の作ってくれた養分満点の炊事で育ちました。そのせいか、肌荒れで悩んだことは、たいていありませんでした。但し、親元を離れ、コンビニエンスストアやおおかずなど、重い時はパンやスナックで終えるような食べ物を年々続けたところ、にきびが出来る肌質に変化してしまいました。前日にチョコレートなどを食べると、明日には本当ににきびが出来ました。食べ物を改めるべきだったのですが、そこは若かったので、楽なライフを諦めることが出来ず肌荒れの誘発でした。20代当初のオトナニキビは、いまだに治りが素早く、出来て、潰したりすると、消えて出向く賜物でした。従って、めったに気にせずに出来たらぶち壊すを繰り返していました。だが、25年代を過ぎた内から、にきびの治りが遅くなりました。前のように無くすという、上が留まるどころか、そこに、にきびの芯が出来てしまい、おんなじ場所になんどもにきびが出現するのです。この頃から、20年代当初に対して、食べ物を改めるようにはなったのですが、二度と素肌は若々しくなかったようで、肌質を元に戻すことは不可能でした。にきびが出来るって、クセで何だか触ってしまい、潰してしまうのが最近の恐れだ。平穏なときは触らないように意欲出来るのですが、ちらっとジリジリしたりするというにきびを触ってしまい、手詰まりになってしまいます。なるたけ跡にならないように夜更け薬を塗って寝るのが最近やれる最大の注力だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です